2017-02-13

エクアドルチョコレートと
獺祭のマリアージュ


一般社団法人日本スイーツ協会主催の
ショコラのスペシャルテイスティングセミナー


エクアドル発チョコレートのPACARI社のCEO
サンティアゴ・ ペラルタ(上左)さんと、
日本スイーツ協会代表理事を務める
辻口博啓さん(上右)のトークイベントに加え、
お二人のチョコレートと、
旭酒造の2種類の日本酒「獺祭」と
マリアージュが楽しめる素敵な会でした。


第一部のトークイベントでは、
PACARI社のチョコレートを使って、
「エクアドルへのオマージュ」という
ボンボンショコラを完成させた貢献を讃えて、
今年PACARI大使になった辻口さんの任命式や
エクアドル大使館貿易担当官、そして旭酒造社長の
桜井一宏さんのご挨拶がそれぞれあり、
盛りだくさんの内容でした。


第二部のテイスティングでは、
PACARI社のチョコレートを使った、
辻口博啓さんのボンボンショコラと、
PACARI社のチョコレート2種類を、
実際に2種類の獺祭と合わせてみました

左の2種類は板チョコレートのままで、
右の2種類は辻口さんによる2層のガナシュ仕立てにした
ボンボンショコラで2種類の獺祭とのマリアージュを楽しみました



辻口博啓さんのボンボンショコラ
「エクアドルへのオマージュ」は、
PACARI社のエスメラルダ60%(上層)
エクアドルチョコレート70%(下層)
それぞれガナッシュ仕立てにして二層にしたもの。

C.C.C. CHOCOLAT REVOLUTION

“発酵と発酵のマリアージュ”を
コンセプトにした辻口博啓さん
C.C.C. CHOCOLAT REVOLUTION」4個入りに
入っている ショコラNO.1 です。


獺祭 発泡にごり酒 磨き二割三分
獺祭 純米大吟醸磨き二割三分」

PACARI社のサンティアゴさんは、
獺祭 発泡にごり酒 磨き二割三分」には、
塩とカカオニブ入りチョコレートが、
また「獺祭 純米大吟醸磨き二割三分」には、
ピウラケマソン70%と
辻口博啓さんのボンボンショコラ
「エクアドルへのオマージュ」が、
それぞれ相性が良く感じる、
とおっしゃっていましたが、
筆者も同感でした。

左端が玄米、右端が磨き二割三分の米


辻口さんが考案した
ボンボンショコラ専用カッティングツール
「ワイルドカカオ ショコラセパレーター」の
お披露目もありました。


カカオポッド(カカオの実)の形をした
「ワイルドカカオ ショコラセパレーター」には、
刃の部分に目盛りがついていて、
ボンボンショコラの厚みも
測れるようになっています。

是非お試しあれ!


「ワイルドカカオ ショコラセパレーター」
折りたたみ式。¥3,600(税込)


*●*
 https://1.bp.blogspot.com/-lLjg7y0HJw0/V0PSB5ef1MI/AAAAAAAAMeM/yDkaUEEJn2MryY9a319mY-6IrNuewUpuACLcB/s1600/HOME%2Bbutton_1s.jpg